始め方

市況レポート

投資戦略

個別銘柄

アンケート

【タイムバンク】発行済時間総額の推移 11月13日まで


市場規模を示す発行済時間総額は11月13日終値で下記の金額でした。
 ※発行済時間総額:【発行秒数×終値】の全銘柄の合計

11月13日:115,392,400円(+4,611,400円)  
銘柄数:40
値上がり:16銘柄
変わらず:0銘柄
値下がり:24銘柄

市場所感
13日の発行済時間総額は約460万円の上昇となりました。新規公開による増分が約570万円ですので、既存銘柄は110万円値下がりしました。
既存銘柄は3日連続の下落となり、先日までの上昇トレンドから下落トレンドに変化したようです。「一問一答」機能が追加されたことによる買いが一服した印象です。

新規公開
13日は【300004 入江 慎也】が新規公開され、ストップ安張り付きで一日目を終えました。二日目の現在もストップ安張り付きとなってしまい、カブキンの連続ストップ安が思い出されます。
高い公募値で発行時間72000秒の銘柄は下落する、というのが市場の共通認識のようです。ストップ安で売ろうと思って抽選に参加するユーザーはいないと思いますので、まだ新規公開の値上がり期待は根強いようです。すぐに叩き売るユーザーが減らない限り、高価格帯の新規公開は期待できなさそうです。

今後の予想
過熱した市場の冷却期間は継続中です。資金の撤退も増えると思われますので、下落トレンドはまだ続くと思われます。目先は何も材料が無い状態ですが、いずれは上昇トレンドを引き起こす機能またはイベントが開始されると思いますので、下値をじっくり拾う方針で間違いないと思います。特に、損切りが続いている銘柄は次第に上値が軽くなりますので、狙い目かと思います。

時間総額の推移_20171113
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント