始め方

市況レポート

投資戦略

個別銘柄

アンケート

【タイムバンク】新規公開銘柄格付け


明日以降の新規公開銘柄について、一日目の値上がり可能性で格付けを行います。

《A》:ストップ高になる可能性が非常に高い。
《B》:値上がりの可能性が高く、ストップ高の見込み有り。
《C》:若干の値上がりが期待される。
《D》:公募付近での推移、又は若干の値下がりが見込まれる。
《E》:大幅な下落、又はストップ安の可能性が高い。

11月9日:【600009 高橋 直大】の格付けを下方修正しました。



【500007 落合 陽一】 《A》

格付けの根拠
1) 発行時間が18000秒と少なく、売り圧力が小さいことが予想される
2) 抽選倍率が非常に高く、利益確定売りが見込まれない
3) 時間保有することで利用できる機能が実装され、売り圧力低下・買い圧力上昇に寄与すると予想される

【500008 黒田 明臣】 《E》

格付けの根拠
1) 発行時間が72000秒と多く、公募値が買われにくい価格帯である為、売り圧力が高いと予想される
2) 知名度が比較的低く、買いが入りにくいと予想される
3) 新規公開銘柄に対する警戒感が浸透している可能性はあるが、この新規公開までは急落傾向が続くと予想した

【500009 miho】 《D》

格付けの根拠
1) 公募値が買われにくい価格であるが、発行時間が36000秒と比較的少なく、売り圧力は小さいと予想される
2) 新規公開銘柄がストップ安になっている状況が参加者に意識され、期待値が低い銘柄に対して投機筋が減少した結果、取引開始時の売り圧力が低下すると予想される
3) 上記理由から売り圧力は小さい反面、買いの手掛かりも無いことから、若干の値下がり予想とした

【600009 高橋 直大】 《B》 《D》

格付けの根拠
1) 知名度・実績は十分であり、公募値が心理的節目の10円に近いことから、買いが多く入ると見込まれる
2) 発行時間が18000秒と少なく、売り圧力が小さい
3) 発行時間18000秒の銘柄の値上がり実績から、投機筋が多く参入し高騰する可能性がある。

抽選倍率から、格付けを下方修正しました。

【900011 井上 公造】 《A》

格付けの根拠
1) 非常に高い知名度・実績から、買いが多く入ることが見込まれる
2) 値上がり期待から、売りは限定されると予想される

【100005 money】 《C》

格付けの根拠
1) 知名度が比較的低く、積極的な買いは入りにくいと予想される
2) 新規公開銘柄への警戒感から投機筋が減少し、取引開始時の売り圧力は小さいと予想される
3) 上記2点から、公募値付近での推移、または若干の値上がりと予想した

【200003 斉藤 マリナ】 《B》

格付けの根拠
1) 公募値が安く、公募値からの値下がりは考えにくい
2) 公募値が同じであった【900009 本谷 亜紀】が6~8円で推移していることから、その価格帯が意識される可能性がある
3) 公募値は売りが出にくく、一時的な需給のバランスからストップ高の可能性がある

【300004 入江 慎也】 《C》

格付けの根拠
1) メディアへの露出が多く、知名度が高いため人気化する可能性が高い
2) 公募値が比較的高値で、新規公開銘柄への警戒感から買いが手控える可能性もあるが、知名度の高さを重視し《A》とした

直近の新規公開はストップ安からのリバウンドが発生した為、安値では買われる可能性が高い。一方、上値を追う動きは限定的である事から、「若干の値上がりが期待される」とした。




※本記事は時間の購入について、促進・抑制を意図したものではありません。また、本記事を参考に時間を購入した場合のあらゆる損失・あらゆる機会損失について責任を負いません。
※専門家個人に対して格付けを行う意図は無く、値動きの可能性を記号で表すことを「格付け」と表現しています。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント