始め方

市況レポート

投資戦略

個別銘柄

アンケート

【タイムバンク】900010 渡邊 義明 新規公開初動


本日、【900010 渡邊 義明】が新規公開され、取引が開始されました。

初動としては、予想通りストップ安(20.9円)の張り付きとなっています。

予想:【タイムバンク】新規取扱銘柄 値動き予想

ストップ安の売り気配から、今日は張り付いたまま終わりそうです。
次のストップ安は15.7円で、この価格も心理的に買いにくいと思われます。その次のストップ安である11.8円あたりは心理的節目である10円に近づくので、買いが出て売りは少なくなりそうです。最終的に、13.0~15.0円あたりでバランスすると予想します。

【500006 カブキン】に続き、二日連続で新規公開銘柄がストップ安となりました。原因としては、「買い方が様子を見るようになった」一方、「売り方はすぐに売りたい」為だと考えています。
1) 取引開始前、大量の売り板が発生する。買い板は様子見の為、出ない。
2) 売り板、買い板の差から、買い方は様子見の心理が強まる。売り一方のところで買う人はいない。
3) 買いが入らない為、売り方は売値を下げる。先に注文したほうが先に約定するため、安値の競争になる。
4) 売り板競争が激化し、最終的にストップ安に注文が大量に入る。買い方は売りの勢いにドン引きで買わない。

相場は心理面が非常に大きなウェイトを占める上、タイムバンクは未成熟な相場の為、一方的な値動きが発生しやすいです。今回のストップ安はその典型かと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント