始め方

市況レポート

投資戦略

個別銘柄

アンケート

【メタップス】平成29年8月期決算短信 その1


これまではタイムバンク一色でしたが、今後は株の話題も書いていこうと思っています。

まずはタイムバンクの運営元である「株式会社メタップス」について、先日発表された通期決算を読んでいきます。
決算の延期や子会社会計に関する訂正があり、期待が高まっていただけに失望を呼んだ決算でしたが、内容自体は悪くないものです。

【売上高】

135億7200万円 (対前期+53.9%)

既存事業の伸長とSmartconの寄与により、+53.9%と大幅な成長となりましたが、業績予想180億からは大幅な下方修正となり、失望の原因の一つとなりました。
しかし、44億円の下方修正の要因は、2016年に買収したSmartconの会計処理変更によるもので、売上げ自体が予想を下回ったわけではないようです。会計処理の変更内容は下記二点です。

1) 売上げの一部が純額表示(※1)
2) Smartconのクーポン失効分の売上を来期に繰り延べ

※1 簡単に言うと、手数料のみを売上げ計上するのが「純額」、手数料をかけている物の金額も含めるのが「総額」です。純額表示では売上げが小さくなる半面、利益率は大きくなり、総額表示では利益率が小さくなる反面、売上げは純額に対し非常に大きくなります。どちらを適応するかは国際会計基準に依りますが、解釈の余地もあるようです。

会計を軽視してはいけないので、今回の下方修正による失望は仕方の無いことですが、売上としては目標に到達したと見てよさそうです。次の第一4半期で、売上げが総額になり、クーポン失効分を計上する見込みなので、次の決算は期待できそうです。


<<下に続く>>

【営業利益】

2億5100万円 (対前期黒転)

前期は3億3300万円の赤字でしたが、上場後初の黒字となりました。一方、業績予想では営業利益7億となっていたので、こちらも大きく下方修正され失望されました。
しかし、こちらも原因として下記二点が説明されており、数字は良くないものの失望するほどではないかなと思います。

1) 新規事業投資 (タイムバンク) 2.9億円
2) Smartconのクーポン失効分の売上を来期に繰り延べ 1.8億円

新規事業投資で2.9億円オーバーしたのは言い訳できませんね。業績予想策定時は投資額を想定するのが難しかったでしょうが、市場は許してくれません。本業がうまくいかない等に比べたら、影響は限定的ですので私は気にしていません。

クーポン売上の繰り延べは来期に反映されるので、次の決算への期待となります。次は遅れないように頑張って頂きたいですね。

【キャッシュフロー】

・営業キャッシュフロー -3億1100万円
 マイナス幅は8億円縮小したものの、本業ではまだ赤字です。来期こそは営業キャッシュフローも黒字にして、名実ともに黒転して欲しいところです。

・投資キャッシュフロー -9億3100万円
 MetapsPlusの株式取得で9億3900万円かかったのが主な要因のようです。

・財務キャッシュフロー +15億9500万円
 主に社債の発行分23億7100万円分によるものです。その他、子会社の株式のやり取りの結果上記数字になっています。

キャッシュフローとしてはプラスですので期末残高は増えていますが、まだ借金で営業している状態が上記キャッシュフローから分かります。一部アナリストから評価が低いのは、このあたりが原因でしょうか。新興企業なので守りに入っては本末転倒だと思いますが、本業で黒字を示せれば会社の価値が大きく飛躍しそうですね。

【メタップス】平成29年8月期決算短信 その2に続きます。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント