始め方

市況レポート

投資戦略

個別銘柄

アンケート

タイムバンクでいくら儲かるか


タイムバンクは「投資ではない」と謳われていますが、仕組みは株とほぼ同じで、そこには損益が発生します。
では、タイムバンクで儲かるにはどうしたらいいのでしょうか。また、いくらくらい儲かるのでしょうか。

新規取扱購入をする
取引を開始する前に購入者を募る「新規取扱申込」を行うと、かなり割安で時間を購入できます。
どれくらい割安なのか、実際に申し込んだ場合の利益をシミュレーションしてみましょう。
所持金は10万円とします。

【900001 はあちゅう】 の場合
新規取扱時は55.6円/秒でしたので、10万円で1790秒、新規取扱購入の申し込みができます。
売り出し時間は決まっていて、超えた場合は抽選となります。私の購入実績から、はあちゅうの抽選倍率は4.7倍でした。

なので、抽選(抽選とはいえ、比例配分です)の結果
1790÷4.7=380秒
が購入できます。

その時間を今までずっと持っていたとしましょう。
現在、はあちゅうは142円/秒なので、購入価格を差し引いて、利益は下記になります。

(142.0 - 55.6)×380 = 32,832 円

結果、10万円が13万円ちょっとになりました。
投資資金に対して、3割という破格のリターンです。

同じ条件で、他の銘柄についても利益を見てみましょう。

【600001 経沢 香保子】 の場合
100,000円 ⇒ 124,327円 (+24.3%)

【500001 箕輪 厚介】 の場合
100,000円 ⇒ 156,270円 (+56.2%)

【300001 内山 麿我】 の場合
100,000円 ⇒ 119,656円 (+19.6%)

箕輪さんのリターンは破格すぎますが、少なくとも1.2倍にはなりました。
新規取扱購入価格から値下がりしている銘柄は無く、新規取扱購入はローリスク・ハイリターンな投資だということが分かります。
今後、まだまだ多くの新規取り扱いがありますので、ぜひ申込みをすると良いと思います。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント