始め方

市況レポート

投資戦略

個別銘柄

アンケート

本日の注目銘柄:千葉功太郎さん(600002)


タイムバンク最初の専門家

今回は、タイムバンクサービス開始後、最初に上場した専門家の一人、千葉功太郎さんを紹介します。

千葉さんは上場してから9ヶ月が経った専門家ですが、なぜこのタイミングかと言うと、過去最安値水準で推移していて、上場時(41.7円)の半額程度になっているからです。

千葉さんは有名企業であるコロプラの設立や株式上場に携わり、現在は投資ファンドのマネージャーを務められていますが、千葉さんレベルの方にコンサルしてもらおうと思うと相当なお金がかかりますので、現在の17.4円はかなり割安に感じています。

しかし、経歴が突き抜けすぎているせいか、なかなか一般ユーザーに相談が利用される機会は少なく、最近は値下がり傾向です。一度、ビデオチャットのリワードが利用されたようですが、それ以降にリワードが利用された情報はありません。

そこで、千葉さんがどのような方なのか、またリワード内容などについてご紹介したいと思います。


<<下に続く>>



コロプラ創業者の一人

「白猫プロジェクト」などで有名なコロプラを、現社長の馬場功淳さんと設立しました。その後、2012年に東証マザーズ上場し、2014年の東証一部上場まで導いた張本人です。

会社の株式上場は、必要書類の準備や社内体制の整備など多岐に渡り、数年単位で準備が必要な作業のようです。それを指揮してやりきるのは相当な知識やマネジメント力が問われそうですね。主に人事を担当されていたようなので、全面的に指揮していたわけではないかもですが、このあたりは深すぎて、少し調べたくらいでは難しいですね。

少なくとも、会社が株式上場する際に頼りになる人物であることには間違いないと思います。


コロプラ退社後、ファンドのマネージャーに就任

2016年にコロプラを退社し、ユーグレナ・リバネス・SMBC日興証券の3社が運営する「リアルテックファンド」のクリエイティブマネージャーに就任されました。

「リアルテックファンド」ってなんだ・・・という事で、調べてみました。

【リアルテックファンド】

日本最大のリアルテック特化型ベンチャーキャピタルファンド

「リアルテック」とは、地球と人類の課題解決に資する研究開発型の革新的テクノロジーを指します。 私たちはこの「リアルテック」という領域に特化した日本最大のベンチャーキャピタルファンドを運営し、地球や人類の課題解決を目指すリアルテックベンチャーへの投資育成を行っています。

引用:http://www.realtech.fund/

ざっくりいうと、「人類の進化に資する新技術」に積極的に投資するファンドです。近年はITに注目が集まる一方、物理や生物学をはじめとする研究開発方向には投資が集まりづらい。しかし、リアルな研究開発を進めていかなければ、人類の進化は無い・・・そこで、「リアルテックファンド」が生まれたようです。


投資家や起業家としての一面も

2016年、ドローンスタートアップへの投資に特化した「Drone fund」を10億円規模で立ち上げ。千葉さんは個人的にもドローンの操縦経験があり、国土交通省の飛行許可も取得するなど、ドローンのスペシャリスト。これからは「ドローン前提社会」が到来するという読みから、ファンドを立ち上げたようです。

その他、国内外インターネット業界のエンジェル投資家、株式会社The Ryokan TokyoのCEOなど、投資家・起業家としても幅広く活動されています。


これまでの値動き

千葉 功太郎さんは2017年9月21日、タイムバンクのサービスが開始と同時に上場しました。公募価格は41.7円。

取引が開始されてからしばらくは50~60円で推移し、2017年11月~12月には70円付近まで値を上げましたが、それから大きく下落。本記事執筆時点で17.4円を付けています。


千葉功太郎_0619_2



千葉功太郎_0619_1



リワードについて

用意されているリワードは一つだけで、「起業や事業全般のアドバイス・支援」です。利用時間は1200~18000秒。

現在価格(17.4円)でリワード価格を算出すると、約2万~32万円です。2万円だと20分間のビデオチャットが基本となりますが、2万円で千葉さんに個別コンサルして頂けると考えれば相当割安であると感じます。対面の場合は3600秒以上が基本となり、金額的には6万円~になります。

ただし、これから起業を考えている方や、既に起業をしているユーザーが対象となり、一般消費者が利用するリワードでは無いように思います。そのため、現在はかなり割安で推移している印象です。


千葉功太郎_0619_3



まとめ

公募価格が41.7円だっただけに、かなりお買い得な価格帯で推移していると思います。ただ、私個人的に特に相談できることはなく、大多数の人がそう感じているからこそ、この値段になっているのでしょうね。

これからユーザー層が充実し、リワードが積極的に利用されるようになればこの付近の価格では買えなくなるはずですが・・・先の事は分かりません。買い板が薄いだけに、短期的にはもっと下がる可能性すらありますが、逆も然りです。

個人的には、今後の値動きに期待したい銘柄です。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント