始め方

市況レポート

投資戦略

個別銘柄

アンケート

本日の注目銘柄:ドラゴン桜2(900014)


東大合格請負漫画『ドラゴン桜2』

今回は、2017年12月1日に新規上場し、以降高値を保ち続けている人気銘柄『ドラゴン桜2』をご紹介します。正確には、ドラゴン桜2の編集チームが上場しています。

前作である『ドラゴン桜』は、2003年~2007年まで連載されましたが、今年2018年1月から『ドラゴン桜2』で続編が連載開始されました。さまざまな受験テクニックや勉強法が作品内で紹介され、子育てに関するエピソードも盛り込まれており、ドラマ化を機に一気に人気化した作品です。

私もちょうど世代で、タイムバンクをやっている方で実際に読んだ、観たという方は多いのではないでしょうか。

第29回講談社漫画賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞を受賞している作品でもあります。

<<下に続く>>



リワード内容

リワードはドラゴン桜2の編集チームが提供していて、最近追加されたものを含め4つが用意されています。


①『ドラゴン桜2』への出演、並びに三田紀房直筆色紙の贈呈 3600秒

②ドラゴン桜2編集チームによる企画打合せ視聴権利 10秒

③ドラゴン桜2編集チーム内:東大生チームがおすすめの参考書をアドバイス 10秒

④ドラゴン桜2編集チーム内:東大生チームに勉強相談の依頼 30秒


リワード①の「『ドラゴン桜2』への出演、並びに三田紀房直筆色紙の贈呈」は、実際に利用した方のブログ記事がありますので、興味のある方はぜひ読んでみて下さい。ちなみに、このブログの管理人は現在投票所一位の「メカニック@雑食投資家」さんです(この記事をリリースする頃には抜けているかも知れません)。


「【漫画デビュー】タイムバンクのリワードを利用して大好きなドラゴン桜2に出演したよ。」
(https://ipomechanic.com/2018/04/15/post-39050/)




現在の価格で3600秒集めるのはかなり高くなってしまいますが、②、③、④は利用時間が10~30秒と利用しやすいですね。

今後も新たなリワードを追加予定らしいので、どのような内容か、期待したいと思います。


追加公募

6月6日から追加公募の告知が開始されています。追加公募の日程は以下の通り。

・追加公募告知期間:6月6日~6月9日

・追加公募申込期間:6月10日~6月15日

・見込み価格:130.0円(6月5日終値時点までで132.6円)

・予定販売時間:3600秒


追加公募の価格は過去60日間の平均価格になりますので、タイムバンク速報で持っているデータから計算しました。現在価格は100円前後ですので、追加公募価格は現在の平均(132.6円)からう少し下がり、130円前後になる見込みです。

追加公募価格は現在価格より高くなってしまう見込みなので、追加公募が成功するかどうか、一抹の不安があります。うまくいってほしいですね。リワードの設定が非常に重要になります。


価格推移

ドラゴン桜2_チャート


公募価格25円で、新規公開後しばらくは100円前後で推移していました。2018年1月中旬から再上昇し、2月8日に最高値395円をつけ、公募比で約16倍まで高騰しました。

3月以降は市場全体の下げに巻き込まれ、現在は公募価格の4倍である100円前後で推移しています。結果、大きな山なりのチャートになってしまいました。

最高値から考えると、現在価格は割安に感じますが、3600秒のリワードは100円/秒換算で36万円です。リワードで考えると、まだ少々割高感があると思われます。ただし、新しいリワードが利用しやすい秒数設定だと、再上昇の余地は十分にあると考えられます。

追加公募は株式会社の増資と同じですので、価格に対しては基本的にマイナス要因です。それでも買いたいと思わせるために、リワード設定が非常に重要になっています。


まとめ

少々割高感のある銘柄ですが、その価格を保っているのは人気の証拠でもありますね。直近では、追加公募が成功するかどうかが注目ポイントです。

新しいリワードの追加など、今後新しい展開が期待できますので、今後も注目していきたいと思います。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント