始め方

市況レポート

投資戦略

個別銘柄

アンケート

本日の注目銘柄:安岡あゆみ(600016)


タグピク株式会社 代表取締役の安岡あゆみさん

今回は、インフルエンサーマーケティング事業を行うタグピク株式会社を創業し、代表取締役を務める安岡あゆみさんを紹介します。

タグピク株式会社は、日本及び東南アジア圏に、約3,600名を超える国内最大規模のインフルエンサー・ネットワークを束ねるInstagramマーケティング専業会社です。

タグピク株式会社ホームページ(http://tagpic.jp/home/)

2018年4月20日に株式会社メタップスと資本業務提携契約を締結し、他ならぬタイムバンク事業において、インフルエンサーのスコアリング・時間価値共同研究などにおける協業関係を構築していくようです。

タイムバンク運営に関連する銘柄として、安岡あゆみさんは今後注目されていくと考え、今回紹介させて頂きます。


<<下に続く>>


メタップスとタグピクとの資本業務提携

資本業務提携とは、簡単に言うと、お互いの会社に株式という形で出資し、技術やノウハウをシェアする事です。お互いの業務を効率化し、付加価値を高める目的で行われます。

そして、資本業務提携の内容は次の通りです。以下、メタップスのプレスリリースから引用です。

=============================================
国内最大規模のInstagramインフルエンサー・ネットワーク を束ねるタグピク株式会社と資本・業務提携を締結 〜当社が運営する時間取引所「タイムバンク」との業務連携を加速〜

株式会社メタップス(本社:東京都港区、代表取締役:佐藤航陽、以下「当社」)は、日本及び東南アジア圏に、約3,600名を超える国内最大規模のインフルエンサー・ネットワークを束ねるInstagramマーケティング専業会社のタグピク株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:安岡あゆみ、以下「タグピク社」)と資本・業務提携契約(出資比率他、非公表)を締結しました。
 タグピク社は、今後拡大が見込まれるインフルエンサー・マーケティング市場において、有力なインスタグラマーをネットワーク(リーチ可能な延べ総フォロワー数は日本と東南アジアで7.9憶人(※フォロワー間の重複を含む。))し、ブランド広告主へのキャスティングやInstagramのアカウントコンサルティング事業を推進しており、インスタグラムを活用した市場を牽引する企業として、アジアのインフルエンサー・マーケティングのNo.1企業を目指し、その存在感を高めています。
 また、タグピク社の展開するサービスは、当社の注力事業である「タイムバンク」との親和性が特に高く、今回の提携を機にタグピク社がネットワークする3,600名を超えるインフルエンサーとタイムバンクとの連携、インフルエンサーのスコアリング・時間価値共同研究など協業関係を構築し、今後の更なる事業拡大に努めて参ります。
=============================================
株式会社メタップス プレスリリース(http://www.metaps.com/press/ja/432-tagpic-metaps)


単なる資本業務提携のお知らせだけでなく、タイムバンクとの親和性について言及されていますね。

今回の資本業務提携により、タイムバンクとしては、タグピクを通じて3600名を超えるインスタグラムインフルエンサーのネットワークにアクセス可能になり、それによりリーチ可能な最大フォロワー数は7.9億人に達します。

タグピクが抱えるインフルエンサーの延べフォロワー数が日本の人口の7倍という、すさまじい人数ですね(重複がありうるので、実際の人数は数字より少なくなると思われますが)。影響力の大きさが伺えます。


安岡あゆみさんの値動き

メタップスとタグピクの資本業務提携を受けて、一時ストップ高まで急騰しました。

前日までは出来高0秒でしたが、発表日は1510秒が買われ、前日の69.0円から+29円の98.0円まで上昇。タイムバンクにおいて、買い材料に市場がしっかり反応した珍しい例となりました。

安岡あゆみ_チャート

以降は買いが続かず、値を下げる展開となり、ここしばらくは50円付近で推移しています。


今後の見通し

資本業務提携のプレスリリース以降、特に情報はありませんが、タグピクが抱えているインスタグラマーが上場していくのではないかと思います。

確証はないのですが、6月5日から公募が開始された四方花林さん(クリエーター 500061)は海外でも活躍されているインスタグラマーで、もしかしたらタグピク経由かもしれないですね。タグピクは影響力の大きいクリエーターを多数抱えていますので、タイムバンクの普及に弾みがつくと良いと考えています。


まとめ

タイムバンクで専門家をやりつつ、タイムバンクと協業しているという珍しい銘柄をご紹介しました。

今後、タイムバンク×タグピクで何か動きがあれば、安岡さんの価格も大きく動くかも知れません。現在は地味な値動きになっていますが、長期的には期待したいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント