始め方

市況レポート

投資戦略

個別銘柄

アンケート

本日の注目銘柄:新田龍さん(600021)


ブラック企業アナリストの新田龍さん

今回は、ブラック企業アナリストとして多くのメディアで活躍する新田龍さんを紹介します。
フジテレビ『さんまのホンマでっか!?』への出演や、多数の著書、Webメディア運営など、多岐に渡って活動されている専門家です。

<<下に続く>>



経営者カテゴリ内で最安値

今回紹介させて頂いたのは、経営者カテゴリ内最安値である2.2円を付けていて、超割安銘柄であるためです。4月頭に10円近くまで上昇後、4月以降は下落が続き、現在が底値であると考えられます。発行時間自体が18000秒なので、仮に2.2円で買い占めるとしたら4万円以下。1円台は全銘柄でもほとんど見られませんので、少なくとも2.2円から大きく下げることはなさそう・・・と言うよりも下落余地が無いですね。

ただし、出来高は0秒の日が続いていて、流動性はほとんどありません。多数のユーザーが買い向かうような状況にならない限り、利益目的の買いは難しそうです。


リワード価格で考えるとかなりの割安

リワードは三つ用意されていますが、一般ユーザーが新田さんのリワードを利用する場合、「専門分野の相談・アドバイス」になると思います。このリワードは利用時間1200~10800秒ですが、仮に2.2円で計算すると、最低利用価格は3000円を切ります。一時間の利用で考えても、8000円程度の金額ですね。現在はリワード利用の観点で売買されてないので売りが強いですが、リワード利用を考えるとかなりの割安であると思います。

ちなみに、リワード欄には書かれていませんが、おそらく対面でお話する場合は3600秒以上が必要と思われます。

講演を依頼する場合は3600~10800秒です。リワードページに講演可能なテーマが書かれていますが、個人的には「残業ゼロで成果を上げる仕事術」や「働き方改革の進め方と先進企業の成功事例」などが役に立ちそうだと思っています。普段は会社員をしておりますので。
講演の価格も2.2円換算で8000円程度、実際に3600秒を集めようと思ったら一万円ちょいでしょうか。この金額で、例えば社内講習での登壇を依頼できると考えると、相当安いと感じます。ただ、法人利用については不透明なところがあって・・・


リワードの法人利用は知る限り実績なし

新田さんのリワードは法人向けに強いと思っていますが、私の知る限り、法人がリワードを利用した実績はありません。例えば社内講習でリワードを利用して登壇をお願いした場合、どのように費用を処理すればよいのか不透明です。この辺りがはっきりして法人利用の実績ができれば、経営者カテゴリ銘柄のリワードにも注目が集まるかも知れませんね。


まとめ

経営者は一般ユーザーにとって、リワードが使いにくく、かなり割安で放置されている銘柄が散見されます。逆に、リワードの価値と比較して割安な銘柄は買いかもしれませんね。法人利用までタイムバンクが浸透するかどうかですが、経営者カテゴリにおいてもリワード価値が正しく価格に反映されれば、現在の価格から数倍になってもおかしくないと考えています。

※今回は価格などについていろいろ書かせて頂きましたが、売買は自己責任でお願いします!

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント