始め方

市況レポート

投資戦略

個別銘柄

アンケート

【タイムバンク】時間市場所感


最近のタイムバンクについて、所感を書きたいと思います。

初期公開銘柄について
最初に公開された5銘柄は、最近は出来高減少、下落トレンドと活気の無い状態です。
新規銘柄が次々公開される一方、既存銘柄は放置されてしまっているのが現状です。
既存銘柄が再び活気づくような、いわゆる「材料」は出ないのでしょうか。そういった情報をタイムバンク運営から出すこともして良いのではと思っています。
新しい銘柄だけでなく、既存銘柄が順繰りに物色される環境こそ、健全な市場と言えると思います。

新規公開銘柄について
新規公開銘柄には公募の段階で注文が殺到する状態になっているようです。
公式からの倍率発表は無くなりましたが、注文実績から、安い銘柄は60倍以上が当たり前となっています。
発行時間は基本的に36000秒ですので、今後倍率は上昇していくものと思われます。
安い銘柄については当選秒数が少なくなってきているので、利益が出にくい状況です。
一方、公募が高い銘柄は資金力勝負ですので、まだまだ倍率が低く、大きな利益が取りやすいです。

リワードについて
今までリワードが利用されたことはあるのでしょうか。個人で使うには少々高すぎる気がします。
といって、法人はまだ参入していないと思われますので、しばらくリワードは単なる飾りになりそうです。
まだβ版だったと思うので、今後、改善・仕組みの導入で使いやすくなっていくと思います。

アイドルについて
上一桁が[2]の銘柄はアイドルのようです。元HKTのゆうこすさん、モデルの田中麻衣さんが公開予定です。
アイドルの起用は「安直だなぁ」というのが正直な感想ですが、間違いなく盛り上がると思います。タイムバンクは男が多いですし(予想かつ偏見)、どうせみんな食いつきます。そう言う私も36000秒全力申込みします。

運営の利益について
運営元のメタップス株式会社の株は東証マザーズに上場していて、一年以上前から触っているので、タイムバンクの運営利益にはとても興味があります。
タイムバンクに投入された金額に対して、入金・出金合わせて2%が利益になり、さらに時間買付に対して0.5%が利益になります。
今後、タイムバンク全体の時価総額を算出して、運営の利益を予想するつもりですが、ざっと考えただけでも1000万は下らないと思います。今後、手数料で相当な額が利益に乗ってくるのではと期待しています。
私だけでもすでに数万支払っています。

今後の展開について
今後、どのような展開になるのか予想もできませんが、ICOによる資金調達、パートナー企業の募集と大きく動いていますので、さらなる盛り上がりを期待しています。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント