始め方

市況レポート

投資戦略

個別銘柄

アンケート

【タイムバンク】発行済時間総額と市場所感 1月12日付


市場規模を示す発行済時間総額は1月10日~1月12日終値で下記の金額でした。
 ※発行済時間総額:【発行秒数×終値】の全銘柄の合計

1月12日:146,948,223円(+4,976,500円) 
銘柄数:110
値上がり:40銘柄
変わらず:38銘柄
値下がり:32銘柄

1月11日:141,971,723円(+5,514,900円)
銘柄数:109
値上がり:35銘柄
変わらず:40銘柄
値下がり:34銘柄

1月10日:136,456,823円(-2,140,201円)
銘柄数:108
値上がり:31銘柄
変わらず:38銘柄
値下がり:39銘柄

<<下に続く>>

市場所感
発行済時間総額は、10日は214万円の下落となりましたが、11日、12日と大幅上昇となり、二日で1000万円以上上昇しました。それにより、12日終値で1億4694万円となり、過去最高値を更新しました。ここ数週間は1億3000万円台で停滞していましたが、一気に上抜けた形となりました。
10日~12日は「タイムバンク総選挙」が行われ、それにより買い需要が急増した事が今回の大幅上昇の要因でした。この三日間は出来高が急増しており、特に【600006 横塚まよ】は10日が1万1830秒、11日が1万3440秒、12日は9万5960秒の出来高でした。その他の銘柄も総じて出来高が増加しており、市場全体の売買代金は高水準でした。

「タイムバンク総選挙」は出来高急増と価格上昇をもたらし、市場に大きなインパクトを与えました。上がりすぎた銘柄は調整局面に入ると思いますが、ホルダーの入れ替わりが促進されたことでタイムバンク市場の活性化に成功したと思われます。

売買代金
10日~12日の売買代金概算は下記の通りでした。

10日:2,143,736円
11日:3,033,407円
12日:7,026,500円

最近は100~200万円の範囲で推移していましたが、「タイムバンク総選挙」開始以降は売買代金が急増し、12日には11月13日以来、二ヶ月ぶりの高水準である702万円を記録しました。12日の銘柄別売買代金の上位銘柄は下記の通りです。

1位:【200004 あやぷー】 172万円
2位:【500007 落合 陽一】 169万円
3位:【600006 横塚まよ】 145万円
4位:【500001 箕輪 厚介】 58万円
5位:【600007 堀江 貴文】 47万円

12日は【200004 あやぷー】が36020秒取引され、売買代金トップとなりました。【500007 落合 陽一】は660円まで上昇しつつ、2570秒が取引され、売買代金2位でした。その他、「タイムバンク総選挙」で上位となっていた銘柄は大きく買われていました。

ストップ高,ストップ安銘柄
12日のストップ高、ストップ安は下記の銘柄でした。市場全体が大きく動いたため、ストップ高、ストップ安ともに銘柄数が多くなりました。
≪ストップ高≫
【100011 Nobu】 +50.00%
【500004 蛇足】 +50.00%
【600006 横塚 まよ】 +50.50%
【600016 安岡 あゆみ】 +50.00%
【000091 石井彰】 +51.22%
≪ストップ安≫
【300003 市井 紗耶香】 -23.83%(ストップ安水準)
【500002 別所 隆弘】 -25.00%
【500009 miho】 -24.44%(ストップ安水準)
【500021 高稲 達弥】 -24.75%
【500027 ピョコタン】 -25.00%
【500028 corin.】 -25.00%
【600001 経沢 香保子】 -25.00%

時間総額の推移_20180112
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント