始め方

市況レポート

投資戦略

個別銘柄

アンケート

タイムバンクの運営手数料収益


今回は、タイムバンクの運営手数料収益を計算してみます。

手数料の発生タイミング
運営手数料は下記5つのタイミングで発生することが分かっています。

・入金 :入金額の1%
・出金 :出金額の1%
・買い :購入金額の1%
・売り :売却金額の1%
・時間発行 :発行時間総額の15%(推定)

<<下に続く>>

1. 入出金手数料
入出金手数料を計算するために、まずはこれまでの入金額を予想します。
10月末にはホリエモンの公募抽選に約2億6000万円が投入されました。当時の発行済時間総額は約1億円だった為、10月末時点での入金額は約4億円であったと考えられます。
最近は全員参加の全力投資が発生するような新規公開が無いため、計算方法は難しいところです。本ブログで計算している発行済時間総額は10月末から1.3倍になっており、入金額も同程度の伸び率だと考えています。したがって、現在の入金額は10月末時点の1.3倍として、5億2000万円と予想します。

したがって、入出金手数料は
5億2000万円×0.02(入出金往復)=1040万円
と予想します。

2. 売買手数料
売買金額については、発行済時間総額と市場所感で計算しており、これまでの累計で約3億1600万円であることが分かっています。したがって、売買手数料は
3億1600万円×0.02(売買往復)=632万円
と予想します。

3. 時間発行手数料
これまで、時間販売の手数料が不明でしたが、先日新規公開された【000091 石井 彰】の石井さんがtwitterで金額を公表してくれました。単純計算で手数料は販売時間金額の19.1%ですが、固定金額の手数料も含まれていると考えられますので、本記事では少なく見積もって15%としています。
これまでの公募価格と発行時間から、時間発行手数料は1856万円と予想します。

運営手数料収益
以上の金額を合計すると、運営手数料収益は
入出金手数料 :1040万円
売買手数料   :632万円
時間発行手数料 :1856万円
計      :3528万円
となりました。±500万円誤差があるとして、実際には3000万円~4000万円程度であると思われます。

タイムバンクアプリへの投資金額を考えると収益はまだまだ少ないですが、2018年にどれだけサービスが成長するのか楽しみですね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント