始め方

市況レポート

投資戦略

個別銘柄

アンケート

【タイムバンク】発行済時間総額と市場所感 12月17日付

市場規模を示す発行済時間総額は12月16日終値で下記の金額でした。 ※発行済時間総額:【発行秒数×終値】の全銘柄の合計12月16日:126,602,359円(-349,202円) 銘柄数:76値上がり:28銘柄変わらず:26銘柄値下がり:22銘柄...

続きを読む

【500024 ピロ】新規公開初動

基本情報公募価格:4.2円抽選倍率:約60倍発行時間:18000秒カテゴリ:クリエイター新規公開日:2017年12月17日...

続きを読む

【タイムバンク】新規公開銘柄 値動き予想

投資判断基準表から、直近の新規公開銘柄の値動き予想を行います。【900021 GJ小野寺】基本情報公募価格:4.2円発行時間:18000秒カテゴリ:専門職・その他新規公開日:2017年12月16日...

続きを読む

【500023 知念 美加子】新規公開初動

基本情報公募価格:36.2円発行時間:18000秒カテゴリ:クリエイター新規公開日:2017年12月15日...

続きを読む

【100009 米谷 優】新規公開初動

基本情報公募価格:11.2円発行時間:18000秒カテゴリ:アスリート新規公開日:2017年12月14日新規公開初動取引開始直後は15.0円を付けましたが、その後は買いが続かず、徐々に値を下げています。取引開始40分経過時点で売り板が優勢で、値を下げていきそうな雰囲気ですが、公募割れで売る方は今のところ出てきていません。上値も重いので、しばらくは公募価格付近で推移しそうです。リワード内容ビデオチャット他の専門家と違い、1...

続きを読む

タイムバンクの投資戦略 -新規公開公募- ②

タイムバンクの投資戦略 -新規公開公募- ①の続きです。新規公開公募の投資判断基準前回は新規公開の値動きを決める3つの要素について、個別に考察しました。今回は、それらを複合し、投資判断基準について考えます。ここでは、5段階の投資判断で分類します。A:値上がりがほぼ確実で、公募は全力申込B:値上がりの可能性が高く、公募はリスクを考慮して申込C:判断が難しく、公募に申込を行う場合は秒数を抑えるD:値下がりの...

続きを読む

【900017 山路 力也】新規公開からの動き

基本情報公募価格:8.4円発行時間:18000秒カテゴリ:専門職・その他新規公開日:2017年12月9日新規公開からの動き一日目は発行時間の半分にも上る9810秒の出来高で、ストップ安と公募値間を上下しました。一時は11.4円まで上昇しましたが、長くは続かず、一日目の終値は公募価格と同じ8.4円でした。二日目はストップ安水準で始まり、一日目と同じ価格帯で上下しました。終値は少し上昇し、9.5円で二日目を終えました。ストップ安...

続きを読む

新機能『投票所』と、市場環境の変化、懸念

タイムバンクの新機能『投票所』が近日中にリリースされるとの発表がありました(公式ブログの発表)。本記事では『投票所』機能のまとめと、実装後の市場環境を予測します。『投票所』機能について市場参加者の投票により上場者を決定する機能です。一定数の票を獲得すれば誰でも上場が可能となります。手順は以下の通りです。1) 『投票所』にエントリー(誰でもエントリー可能)2) 得票数ランキングが公示され、ランキング上位...

続きを読む

【500021 高稲 達弥】新規公開初動 <タイムバンク>

新規公開初動公募価格は41.7円でしたが、取引開始30分が経過した時点でストップ安の31.3円をつけています。しかし、発行時間が少ないだけに公募価格未満での売りが少なく、1000秒の買いが入るだけで大きく上昇します。どう動くかは売りがどれだけ出るかによりますが、これ以上の売りが出ないならストップ安張り付きはなさそうです。...

続きを読む

タイムバンクの投資戦略 -新規公開公募- ①

前回「タイムバンクの投資戦略 -買占め-」に引き続き、タイムバンクの投資戦略を検討します。今回は基本的な新規公開銘柄への公募抽選についてです。タイムバンクの投資戦略 -新規公開公募-タイムバンクの開始直後は、ほぼ全て新規公開銘柄が公募価格の2倍、3倍に値上がりし、新規公開公募への全力投資が最善の戦略でした。現在は新規公開後の下落、上昇はまちまちですが、有力な戦略の一つであることに変わりありません。本記事で...

続きを読む